toggle

EVENT

COSMIC WONDER
日本羊毛とカシミアの衣

Oct 13, 2021 | EVENT 

exhibition-japanesewool-1

 

日本羊毛の羽織は全ての工程を手仕事で行い、手紡ぎ手編みで作りました。希少な日本の羊毛を牧場で刈り取り、洗毛して汚れや油分を落とします。また、手で洗うことで油分を落とし過ぎず保温性を保ちます。その原毛を手紡ぎして表情豊かな糸が生まれ、美と機能を調和させながら手編みをしています。この編み物の表情はまるで昔のいづくにかの漁村や農家で使われていた原初的な毛衣を髣髴とさせます。1着の衣は1匹の毛で作られ、羊それぞれの個性豊かな毛質を愉しむことができます。美しい古のような手紡ぎ羊毛糸を作られる牛島加奈さん、個性ある糸を精密に手編みされる児玉知子さんに制作いただきました。また、大陸からのめぐみでもある、カシミアの衣はたいへん保温性に優れとても軽く、肌触り着心地は常世のものです。もっとも上質とされる内モンゴルのカシミアの原料を日本で紡績した糸により、無縫製のホールガーメントを組み合わせた意匠で編み上げました。

「日本羊毛とカシミヤの衣」による展示会を開催いたします。美しく豊かな地球、自然と人から生み出された衣はかけがえのない存在として、惜しみない愛をもって私たちに寄り添ってくれます。ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

写真上: 京都 みわフォームの羊毛

写真下: 三重 ひつじみかん牧場の羊毛

 

 

STARDUST

会期: 10月23日(土)− 10月31日(日)

午前11時 – 午後6時

京都市北区紫竹竹殿町41

T. 075 286 7296

 

Center for COSMIC WONDER

会期: 11月6日(土)− 11月21日(日)

正午 − 午後6時

東京都港区南青山5-18-10

T. 03 5774 6866

 

exhibition-japanesewool-2

+ Share

 

市川 孝
植物再考

Jun 24, 2021 | EVENT 

exhibition-takashiichikawa-01

 

Center for COSMIC WONDERでは、市川 孝「植物再考」展を開催いたします。空間を独自のみたてで構成し、心身を喜びにみたす茶車や茶道具をはじめとする作品は、市川 孝の近年の制作の主体となります。それは自然の要素に触れる本質的な喜びと、その場に集うわたしたちに、水、植物、火と遊ぶ豊かさを取り戻してくれます。本展は蒸留器、焙煎器、煮茶器などを使い、野草から植物の再考を試みます。また、植物の持つ不思議な力を伝え活動をされている野草宙/ 澤村玄道 、澤村日菜を迎え、ワークショップと野草による茶会を開催いたします。自然に触れ植物の声を聞き心身を解放することで、想像では感取できない心地の良い余白が、暮らしを豊かにしてくれます。

ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

 

今だからこそ、何でもない足元のことから始めたい。

見上げる程の茶の樹に出逢ったのは5年前。想像していた茶の木との違いは魅力となり、植物再考のスイッチが入った。お茶や料理など、気になることを見渡し、拾い上げ、まずはやってみるという経験は、先人の知恵に感動し、自然への感謝を覚える。そして、思う。道具や技術は時代の変化で姿を消していき、便利になり過ぎ、人は失くした感覚も多いだろうと。世界が変化する今、自然や植物の力を借りて、もっと免疫力を高める方法があると言う。種を守る為に、したたかに植物は動く。植物の力は凄い。その凄さは専門家から学ぶとして、植物への感度を上げていきたい。花や葉や、茎や根っこ。豆や粉や葉っぱ。植物の力をいただこう。魅力あることが足元にころがっている。スイッチが入ればそれが見えてくるはず。
植物再考の気持ちにスイッチを入れられるような道具を作りたい。

市川 孝

 

 

会期:

2021年6月26日(土)− 7月4日(日)

*作家在廊: 6月26日(土)、6月27日(日)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

03-5774-6866

正午 − 午後6時

 

オープニングイベント

1. ワークショップ「宙の野草茶」

足元にある野草を茶葉にすることで可能性は無限に広がります。市川孝の茶道具とともに野草茶をたのしんでいただきます。

 

6月26日(土)

正午 − 午後2時

午後3時 − 5時

要予約、各会4名様限定

8,800円

*ご予約の受付は終了いたしました。

 

2. 茶会「宙」

草に楽しむと書いて「薬」、市川孝が作陶する薬草の山である伊吹山や、宙の畑で採取しブレンドした野草茶を野草の話とともに茶道具でたのしんでいただきます。宙の野草たち、伊吹山の植物を市川孝の花入にあしらいます。

 

6月27日(日)

正午 − 午後1時

午後2時 − 3時

午後4時 − 5時

要予約、各会5名様限定

6,600円

*ご予約の受付は終了いたしました。

 

野草宙 / 澤村玄道 澤村日菜

野草は太古から地球とつながっていて、それは宇宙そのもの

野草に囲まれ、野草から教わる日々

福岡を拠点に野草をとりいれた暮らしと生命力を伝える活動をしています

 

exhibition-takashiichikawa-02

+ Share

 

COSMIC WONDER
「うすはなそめ」展

May 24, 2021 | EVENT 

exhibition-usuhanasome-2

 

天と地のあわいを表現したような、うすはなそめの衣を発表いたします。

麻や絹、有機栽培綿のCOSMIC WONDER “Days of light” の衣をうす泥とうす藍で染めました。泥染は鹿児島・奄美大島の金井工芸、藍染は三重県の紺屋 仁によります。古来から伝わる素晴らしい技法の彩りが現代に現れています。

 

うす泥染めは奄美以南に自生する常緑高木の福木を煮出した染料と泥で染める。通常の泥染は車輪梅の染料を使うが、うす泥染では福木の染料を用いた。泥は奄美大島の150万年前の古代地層による鉄分豊富な泥田の泥。福木染め、泥田で泥染め、上流での川濯ぎ、福木染め、泥田で泥染め、水晒し・・・と染め作業を繰り返す。染め上がる布の具合により、工程を変えたり、染め重ねる回数が変わるという。泥染めは奄美大島の自然の恵みと長年培われた技法と技術と時間を要する。奄美大島の金井工芸による。

 

うす藍染めは終わりかけの薄い藍甕で、何度も染め重ねる。藍甕に衣をつけ、水に晒し、天日干し、藍甕にまた衣をつけ、水晒し・・・うす藍染は通常の藍染めより、下晒しの処理、染める回数も多く、大変繊細な仕事。うす藍染めをされる三重県の紺屋 仁の仕事は、藍染めの染料であるすくも作りからはじまる。自然栽培で藍を育て、すくも作り、四季を通しての作業を終え、ようやく藍染めができる。紺屋 仁は藍染に正藍染めの技法を用いている。

 

自然の恵みと人の手による仕事が写し出す、美しくかろやかに彩られたうすはなそめの衣をご覧ください。

 

 

Center for COSMIC WONDER

会期: 6月5日(土)− 6月20日(日)

正午 − 午後6時

東京都港区南青山5-18-10

T. 03 5774 6866

 

exhibition-usuhanasome-1

+ Share

 

COSMIC WONDER
「墨と山原藍」展

Mar 27, 2021 | EVENT 

exhibition-sumiandyambaruai-1

 

松を燃やした煤の松煙と水により幽玄な深い色が生まれる墨染め。

カラアイを泥藍にし藍建てして現れる色は海と黄昏が重なる、琉球の山原藍。

古の琉球では、どこの家でもカラアイやトーアイを土間で藍建して暮らしのものを染めていたという。

墨染めや紅花などであらかじめ布を染め、藍を重ねる、深く心身に染みいる衣を古人は纏っていた。

 

輝く霊性の気配を表現したような墨と山原藍の衣を発表いたします。麻や絹、有機栽培綿のCOSMIC WONDER “Days of light” の衣を松煙と山原藍(琉球藍)で幾度にも染め重ねました。清らかな保津川のある京都・亀岡で、40年以上藍染をされる吉川慶一 氏による。古人が好む玄妙なる印象の美しい墨と山原藍に彩られた衣に触れてください。

 

 

Center for COSMIC WONDER

会期: 4月3日(土)− 4月11日(日)

正午 − 午後6時

休館日: 4月2日(金)

東京都港区南青山5-18-10

T. 03 5774 6866

 

STARDUST

会期: 4月17日(土)− 4月25日(日)

午前11時 – 午後6時

京都市北区紫竹竹殿町41

T. 075 286 7296

 

exhibition-sumiandyambaruai-2

+ Share

 

コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎
ノノ かみと布の原郷

Mar 20, 2021 | EVENT 

exhibition-nono-01

 

コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎「ノノ かみと布の原郷」展を島根県立石見美術館で開催いたします。

  

本展は、日本の様々な地域に残された「自然布」から、各地の風土と一体となった人々の暮らしや自然観、精神性をみつめ、人と自然とのこれからの関係について展望しようとするものです。日本古来の素材や手漉き和紙に関する研究を続けてきた「コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎」を招聘し、その独自の視点で選出された「自然布」と糸車や織機などの紡織用具、布の組織痕が残る縄文時代の土器片、そして「コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎」による手漉き和紙を用いた新作とパフォーマンス、撮り下ろしの映像や写真をご覧いただきます。かつて人々は暮らしの身近にある草木から繊維を績み、布にして、衣服や暮らしの道具としていました。自然布と呼ばれるそうした布は生育に適した環境や繊維としての特性の異なる藤、葛、梶、楮、大麻、苧麻、榀、芭蕉、オヒョウなどで作られます。それが生み出された地域それぞれに特徴的な暮らしの文化が色濃く反映されています。繊維を取るところから全行程が手作業でなされる「自然布」づくりは、大変な根気を要すもので、その苦労は今日では想像もつかないほどです。貴重な布は尊ばれ、どの地域でも大切にされました。藤織がなされた島根では、ボロになった布は叩いて紙にし、最後まで無駄なく使ったとも伝えられます。

今日、自然と人間との関係は再考すべき段階になっています。

私たちは便利な暮らしの影で、自ら地球を汚し、住みにくい環境へと変えてきました。一方で、太陽の光を浴び、地球が生み出すエネルギーの恩恵を得て命を繋ぐ人の在り 方はいつの時代も同じです。すぐそばにある自然に包まれ、あるものを大切にして生きていた時代の布がいま、私たちに見せるのはどんな姿でしょうか。沢山の情報が溢れる現代において、「自然布」や手漉き和紙に宿る気配に、私たちが選び得る未来の姿の一つが映されているのかもしれません。原始の布とかみ、そしてそれらに共鳴して生み出された作品から未来を見つめます。

 

 

会期:

2021年3月20日(土・祝)− 2021年5月16日(日)

 

会場:

島根県立石見美術館

島根県益田市有明町5-15(T. 0856-31-1860)

午前9時30分 − 午後6時(展示室への入場は閉館の30分前まで)

休館日: 毎週火曜日(5月4日は開館)

 

写真:

(上)「大井谷の冬景色 」1971年 / 撮影: 隅田正三

冬のあいだ紙を漉き、紙布を作っていた島根県浜田市の山間部、金城の大井谷。

(下)「上講武の敷布」(部分)藤、個人蔵  昭和初期 / 撮影: 仲川あい

島根県松江市鹿島町の山間部、上講武では藤織りの習俗が記録された。

 

exhibition-nono-02

+ Share

 

小野泰秀
神聖幾何学

Nov 17, 2020 | EVENT 

exhibition-yasuhideono-1

 

自然界に隠された美しい秘密の法則

古来よりピタゴラスの定理に始まりプラトン立方体や

フィボナッチ数列や黄金比として現代まで数学、

物理の中を脈々と受け継ぎ発展されてきた

生命の根源や宇宙の森羅万象を表すとされる神聖幾何学模様

一粒の種に刻み込まれた成長の記憶コード

種から芽が出て花が咲き実を結びやがて種となるこの大いなる世界の循環

人体のDNAに刻み込まれた進化の記録の全てを未だ解明されていない

細胞分裂の様子が神聖幾何学の相似形を成している事実

そして結びの中にも神聖幾何学模様が隠されている

目には見えない量子の世界

見えるものだけを信じていた物質の世界から

科学の発展により見えない世界と統合し始めている

今も昔も変わらず世界は美しいもので溢れている

世界はその人の身体を通して感知され認知し観測域が拡張し続けている

だからこそ今日も僕の中で美しいと感じたものを作品として結び繋ぎ仕立て上げていく

 

小野泰秀

 

 

Center for COSMIC WONDERでは、小野泰秀「神聖幾何学」 展を開催いたします。古代から人は数やかたち、音に秘められた動きを立体的な図形として表現してきました。この世界の事象の源を幾何学模様で現し理解することで、宇宙の源のエネルギーを私たちは使うことができるようになりました。本展では、神聖幾何学を題材とした装身具をはじめ、Cosmic WonderによるFlower of lifeの刺し子織布に自然界の光景を感じさせる刺繍を施した作品などを発表いたします。小野の宇宙から発せられる美しい装身具や作品、それは新しい波動領域へと私たちの視界を広げてくれます。

 

ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

 

会期:

2020年11月28日(土)− 12月6日(日)

*作家在廊: 11月28日(土)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

T. 03-5774-6866

正午 − 午後6時

 

exhibition-yasuhideono-2

+ Share

 

市川孝
「愉しむ」の道具

Oct 23, 2020 | EVENT 

exhibition-takashiichikawa

山のさるなしをスモークする燻製器

 

今回は、「愉しむ」の心に火をつけたい。そんな想いから道具作りをしました。関心があるのは、火で遊び、水に触れ、植物と遊ぶこと。遊ぶことは楽しい。でも楽しいって楽ではありません。食事だって、食材に手をかけてご馳走になり、お茶淹れだって、ゆっくり準備をすれば美味しくはいり、花活けだって、足で採集すれば花のかおが活かされます。手間がかかった方が得るものが大きいと思うのです。

今のこの時だから、心静かにちょっと手間をかけて、ゆっくり時間を愉しむのはいかがでしょうか。植物の香りの雫を集める蒸留器。木を燃やして、食材や飲み物をスモークする燻製器。野草や穀物を煎る片手鍋。植物の粉と水を合わせるこね鉢。コトコト、プクプクなど音も愉しむ耐火の壺。植物の油をあかりにする灯火器。そんな道具を薪を燃やして焼きあげます。そして京都美山「竜宮」の素色、COSMIC WONDERの空間の素白色を想像しながら、うつわを仕上げたいと思っています。

 

市川孝

 

 

Center for COSMIC WONDERでは、市川孝「愉しむ」の道具 展を開催いたします。空間を独自のみたてで構成し、静寂な美しい時の間、心身をみたす茶車や茶道具をはじめとする道具は、市川氏の近年の作品の主体となります。その道具は自然の要素に触れる本質的な喜びと、道具を通して集うわたしたちに、水、植物、火と遊ぶ豊かさを取り戻してくれます。

 

ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

 

会期:

2020年11月7日(土)− 11月15日(日)

*作家在廊: 11月7日(土)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

T. 03-5774-6866

正午 − 午後6時

+ Share

 

渡辺隆之
環土

Aug 22, 2020 | EVENT 

exhibition-hiroyukiwatanabe

 

これはそれ
おなじでちがう
それはあれ
くるくるとんで
あれはこれ
ふわふわふって
ぐるぐるまわる

 

Center for COSMIC WONDERでは、渡辺隆之「環土」展 を開催いたします。

伊豆半島の中から100箇所ほど採土され、形作られたものにより作品を構成します。

本質を見つめる行為の果てに現れる形、環土の境地から。

 

COSMIC WONDER Free Press

環境の循環

 

ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

 

会期:

2020年8月22日(土)− 8月30日(日)

*作家在廊: 8月22日(土)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

T. 03-5774-6866

正午 − 午後6時

+ Share

 

「宇宙のいろ  藍」展

Jun 20, 2020 | EVENT 

exhibition-indigoisthecoloroftheuniverse

藍の華が浮かぶ北工房の藍甕 

 

地球の鏡に映る青いろ、そのいろを纏うため古代の人は植物から青を探し出した。

それは宇宙の摂理そのものであり、藍の神秘に世界の人々は魅了されてきた。

 

藍染めの歴史は古く、古代エジプトには紀元前2000年頃に藍染めされた麻布がある。日本には遣唐使により渡来したと云われ、独自の発展を遂げてきた。日本の藍は蓼藍(タデ科)、琉球藍(キツネノマゴ科)、アイカズラ(ガガイモ科)。インドではインドアイ(マメ科)、西アフリカではアイフジ(マメ科)、ヨーロッパではウォード(アブラナ科)などの緑の植物から青の色を生み出した。藍は神秘的な色の美しさを持ち、布、紙、肌などを守り、藍の華の泡沫、葉、実は薬にもなる。人は祈りを捧げ、自然の神秘と永く培われてきた智恵や働きにより藍が宇宙のいろへと繫がっていく。

 

Center for COSMIC WONDERとgallery 白田では「宇宙のいろ 藍」展を開催いたします。新道牧人(北工房/ちいさな藍美術館)、石井孝幸(あをの用)、北村仁・大西美由紀(紺屋仁)、吉川慶一(京都ほづ藍工房)による藍染を発表いたします。それぞれに深く古から培われた技法による藍染を、工藝ぱんくす舎の前田征紀と石井すみ子が繋ぎ手となり衣と工藝作品へと成した作品をお披露目いたします。

 

ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

 

新道牧人(北工房 / ちいさな藍美術館)

藍染作家の新道弘之が主宰してきた北工房を2015年頃より引き継ぎながら古来から行われてきた藍建による藍染を習得する。自然の藍の美しさや不思議な魅力を今に生きる人々の営みに還元し提供していくものづくりをしていきたいと願っている。工房は1972年4月に京都 松ヶ崎工房を設立、1981年4月 美山 北工房へ移設、2005年4月 ちいさな藍美術館開館。

 

石井孝幸(あをの用)

サスティナブルデザインへの興味から藍染を始める。藍染を村田徳行、灰汁発酵建てを佐藤文子、長板中形を松原与七、伊勢型彫を高井章夫、工芸全般についてブライアンホワイトヘッド各氏に学ぶ。神奈川県山間部にてデザイナーの妻と工房を構え、藍の栽培からスクモ作り,藍建て,染めまでを一貫して行う。取得技術に型染、絞り、筒描き、ロウケツ染など。藍の栽培、製藍、藍染、技術に使用する材料に化学的なものは一切使用していない。

 

北村仁・大西美由紀(紺屋仁)

土作りから始まり、藍草の栽培、すくも作り、藍建て、藍染。一貫して藍と向き合う事で、多様な時の流れ・自然のプロセスを感じながら、一つの藍色が生まれてくる不思議。その不思議に近づける喜びが、私達の活動の根底にあるのだと感じております。すくも作りは徳島にて修行。藍建て・藍染は日本古来の正藍染を栃木にて学ぶ。

 

吉川慶一(京都ほづ藍工房)

藍染め作家として40年以上藍染に携わる。幻の京の水藍を復活させ、その藍で染め物をするため亀岡に移住。保津川のほとりに長屋を借り「ほづあい研究所」設立し、京藍を復活させる。藍の栽培・沈殿藍/すくも藍への染料化から藍染めを行う。泥藍による琉球藍の染めも行っている。

 

 

Center for COSMIC WONDER

会期: 7月4日(土)− 7月12日(日)

正午 − 午後6時

休館日: 7月3日(金)

東京都港区南青山5-18-10

T. 03 5774 6866

 

gallery 白田

会期: 7月18日(土)− 7月26日(日)

午前11時 – 午後6時

京都府船井郡京丹波町森山田7

T. 0771 82 1782

 

exhibition-indigoisthecoloroftheuniverse-2

京都ほづ藍工房の琉球藍染によるブロックプリントのカディ

+ Share

 

「第5回 にほんくらし籠」展

Jun 05, 2020 | EVENT 

event-japanesehandcraftedbaskets5-2

西郷箕(金竹、山桜、藤、大葛藤等)、1070×1100、鹿児島県

 

日本の風土と古からの用が重なり、くらしの記憶が宿る籠。

わたしたちは、その手道具の楚々とした質朴な表情に惹き付けられます。

人の手業で作られるそれは、自然と人との関わりから生まれた里山での生業です。

その在り方から現れる昭然たる美しさに源流の心象を重ねあわせます。

 

COSMIC WONDER Free Press

ときをいきる籠

 

本展に際し、前田尚謙(Cosmic Wonder / Light &Will)が日本列島の秋田から沖縄を訪ね、くらしの手道具として籠作りをされる職人の方々に、様々な用途の籠を制作していただきました。

古と現代を繋ぐ生動をたずさえた日本の籠を展示販売し、また、Center for COSMIC WONDER Online Storeでも、本展出品作品を販売いたします。

展覧会初日に予定しておりました通草籠職人・中川原信一氏の制作実演は中止とさせていただきます。

 

ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

 

会期:

2020年6月20日(土)− 7月2日(木)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

T. 03-5774-6866

*休館日: 6月18日(木)、19日(金)

 

event-japanesehandcraftedbaskets5-1

ばら(金竹、山桜、大葛藤等)、⌀1000、鹿児島県

+ Share

 

From Beautiful Khadi Village
COSMIC WONDER
TENJIKU DIALY

Jun 03, 2020 | EVENT 

event-khadicollection-1

 

Center for COSMIC WONDERでは、「TENJIKU DIALY」展 を開催いたします。前田征紀がインドのコルカタへ旅をし、訪れたカディ村での出来事が春夏コレクション「TENJIKU LIGHT」となりました。それは、美しい暮らしの空間を想像したコレクションです。本コレクションの真髄となるカディはかつてはインドのどこの農村でも織られていた手紡ぎ手織りの風合い豊かな綿布です。近年、この美しい布をインドの特別な工芸として繋いでいく動きにあります。手織りの綿布カディは肌触りがとても気持ちよく、暑い夏に清々しい風を通してくれる優しい衣となりました。また、そこに伝統技法のブロックプリントをのせて眩しい季節の装いを彩ります。

 

COSMIC WONDER Free Press

うつくしいカディの村

 

Center for COSMIC WONDERでは 6月20日(土)より、Center for COSMIC WONDER Online Storeでは、6月30日(火)にお披露目いたします。また、京都のSTARDUSTで本展覧会を6月20日(土)より同時開催いたします。

 

LOOKBOOK

 

本展の限定アイテムとして、カディのBath towel、Hand towel、Ecoバックをご用意いたします。

Center for COSMIC WONDERでは「にほんくらし籠」展も同時開催しています。籠展もお楽しみください。

美しき暮らしの道具や衣が日々の輝きをつくり光の空間へ。

皆さまのお越しを心よりお待ちしております。

 

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

T. 03-5774-6866

 

STARDUST

京都市北区紫竹竹殿町41

T. 075-286-7296

 

[ カディ取り扱い店 ]

JAPAN / Tokyo, Kanto

NANOHANA KURASHINODOUGUTEN(小田原)

N ID(渋谷)

LAMP HARAJUKU(原宿)

OUTBOUND(吉祥寺 / 代々木上原)

ST COMPANY(桐生 / 高崎)

URBAN RESEARCH DOORS(新三郷 / 豊洲)

 

JAPAN / Chubu, Hokuriku

CABINET ATELIER(名古屋)

FABER LABORATORIO(松本)

MM BOOKS MINO(美濃)

RAFIE(新潟)

SOLA (静岡)

 

JAPAN / Kinki

ANGERS(京都)

ARCHIPELAGO(篠山)

HEMMING SHOP(大阪)

STARDUST(京都)

URBAN RESEARCH DOORS(大阪)

 

JAPAN / Chugoku, Shikoku, Kyushu

CITE’(広島)

HIMOROGI(北九州)

M-2(高知)

UTUSIKI(福岡)

88(丸亀 / 新居浜)

 

ASIA

SUZUKI SHOP(Beijin)

WASHIDA(Taiwan)

 

NORTH AMERICA

OROBORO(New York)

MAMEG(Los Angeles)

 

event-khadicollection-2

“Khadi is not a cloth. It is thought” Mohandas Karamchand Gandhi

+ Share

 

Photography and Fashion Since the 1990s
TOKYO PHOTOGRAPHIC ART MUSEUM

Jun 02, 2020 | EVENT 

freepress-hirakiiwa-1

Yukinori Maeda “Hirakiiwa” 2018,Gelatin silver print

 

東京都写真美術館にて開催中の展覧会「Photography and Fashion Since the 1990s」に前田征紀が参加しております。

Elein Fleissとコラボレーションの新作を発表いたします。展覧会概要は以下のとおりとなります。(東京都写真美術館のリリースより抜粋)

 

 

本展覧会では、「写真とファッション」をテーマに、1990年代以降の写真とファッションの関係性を探ります。これまでのファッションが発展する過程において、写真は衣服が持つ魅力を伝えるという重要な役割を担ってきました。写真によって作り出されるイメージは、ときには衣服そのものよりも人々を惹きつけ、時代を象徴するイメージとなっています。 1990年代に入り、ファッションの魅力を伝えるという枠組みを超え、人々に訴えかけるイメージを作り出す写真家や、インディペンデントなスタンスで情報を発信するファッション誌が登場しました。新しい視点から生み出されたイメージは、人々の考え方やライフスタイルにも影響を与え、その後の世代にも繰り返し参照されています。 写真とファッションの関係性は、インターネットが普及した2000年代以降、さらなる変化を遂げます。かつては新聞や雑誌の編集者、記者など、限られた人々を介して伝えられていた最新のファッションショーや展示会の様子も、近年ではツイッターやインスタグラムなどのSNSを通して、タイムラグなく一般の人々の手元に届けられるようになりました。また、情報を受け取るだけではなく、タグ付けをしたセルフィー(自撮り)に代表されるように、受け手自身も様々な形で情報発信を行っています。本展覧会は、長年にわたり文化誌『花椿』の編集者としてファッションやアートの世界を見つめてきた林央子氏を監修に迎え、国内外のアーティストによる作品を通して「写真とファッション」の関係性を探る試みです。時代のターニングポイントとなった稀少なファッション誌の展示や、関連イベントなどとともに、様々な角度から写真とファッションをお楽しみください。

 

 

会期:

2020年6月2日(火)− 7月19日(日)

 

会場:

東京都写真美術館

東京都目黒区三田1-13-3 恵比寿ガーデンプレイス内 2階

午前10時 − 午後6時

*休館日: 毎週月曜日

+ Share

 

1 2 3 4 5 6