COSMIC WONDER Official Site

COSMIC WONDER
「竜宮衣 原始ノ布から」展

Oct 04, 2017 | EVENT 

event-ryugukoromotour

写真:ホンマタカシ

 

COSMIC WONDER 「竜宮衣 原始ノ布から」展を各地にて開催いたします。

 

 [ 開催予定 ]

STARDUST(京都)10/14 – 22 *10/14: トークイベント&演奏会

かぐれ(丸の内)10/27 − 11/5

PENNY RAIN(桐生)10/27 − 11/5

ANTENNE DEUX(高崎)10/27 − 11/5

OU(名古屋)11/15 − 20

EIGHTY 88 EIGHT(綾川)11/23 − 27

ARCHIPELAGO(篠山)12/2 − 11

エムエム・ブックス みの(美濃)12/9 − 17 *12/9: トークイベント

ROYALSKOOL(函館)12/16 − 24

CITE’(広島)12/22 − 1/7

+ Share

 

TAMPA
やまうみ草木展

Sep 26, 2017 | EVENT 

event-tampa

 

日本と大陸を渡りゆく古人のおもかげ

東の文化の到達地点である

日本から生まれるものを

タンパの地を一つの漂着地点とした

白田、日光土心、COSMIC WONDERによる

まぼろしのお店 TAMPAの現れ

 

 

初日、工藝ぱんくす舎による丹波の草木の展示をいたします。

自然豊かな丹波の風土と古からの手仕事が重なる美しい光景をご高覧ください。

 

白田

丹波布スカート

丹波文紙

丹波粉青茶碗

丹波土壷

安東布前掛

草木古袋 – 科布、大麻布、紙布

 

日光土心

あけび蔓丸籠

山葡萄旅行鞄

沢胡桃書類籠

篠竹と山桜樹皮手付き籠

広葉樹柄尻包丁

山桜ランプシェード

欅椅子

 

COSMIC WONDER

丹波布と白なめし財布

蛇胴紙と丹波布紙衣

丹波布と大麻布手さげ袋

蛇胴紙つの袋

苧麻布足袋

冬麻衣

 

会期:

2017年10月21日(土)− 10月29日(日)

*休館日: 10月20日(金)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

 

オープニングレセプション:

2017年10月21日(土)午後2時 − 午後5時

+ Share

 

コズミックワンダー と工藝ぱんくす舎
かみ展

Aug 12, 2017 | EVENT 

プリント

 

2017年8月29日(火)から10月22日(日)まで、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎による「かみ」展を銀座・資生堂ギャラリーで開催いたします。

 

本展は、我々の生活で最も身近な工芸である「かみ」がテーマです。そのなかでも天然の素材を使い手作業で作られる手すき和紙の可能性を探ります。紙の魅力を引き出すものとして、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎は、すべての生命の源であり和紙作りにかかせない「水」にフォーカスし、「水会(みずかい)」や「お水え」を創案しました。それらは、お茶会に着想を得た湧水をふるまうセレモニーで、自然への畏敬の念から立ち現れたパフォーマンスです。展覧会タイトルの「かみ」には、原始的な響き、太古の神への思いも重ねられています。展覧会では、「水会」や「お水え」のしつらえや道具、そこからイメージを膨らませて作られた工芸作品が並びます。コズミックワンダーが制作した席主と半東の衣装である紙(かみ)衣(ころも)、石井直人による土器、川合優による木道具、西田誠吉、佐々木誠の紙漉きによる和紙など。道具やその他の演出は、日本の文化の源泉である縄文から着想しています。その概念と意匠は、工藝ぱんくす舎の前田征紀と石井すみ子により意向性が示され、作品化されます。

 

本展は、昨年に島根県立石見美術館で開催された「お水え いわみのかみとみず」展を再構成し、新作「舟水会(ふなみずかい)」が加わります。

 

新作では、お香や薬に使用されていた独特の香りが立つ海浜植物・ハマゴウにより紙の新たな可能性を探ります。ハマゴウは縄文以前より日本にあるとされ、種を海にプカリプカリと浮かせて浜に広がりました。太古の人たちが舟を作り日本の処々へ渡る姿と、海に浮かび日本の浜に広がっていったハマゴウ、それらの重なる光景を表現します。作品は、唐津の紙漉師、前田崇治の協力により制作されます。

 

自然の素材により、昔ながらの手仕事で作られた作品は、我々の五感を冴えわたらせ、いにしえを感じさせ、「みえないものをみる」という日本人特有の感性や深い知恵を呼び覚ますこととなりましたら幸いです。
 

コズミックワンダー と工藝ぱんくす舎
「かみ展」
2017年 8月29日(火)− 10月22日(日)
会場: SHISEIDO GALLERY(入場無料)

主催: 資生堂

関連企画
初日29日(火)にサウンド・アーティスト、鈴木昭男氏の演奏会を行います。  
展覧会期間中、工藝ぱんくす舎 前田征紀と石井すみ子のトークイベントを開催します。 
詳細は資生堂ギャラリーウエブサイトにてご案内いたします。
 
SHISEIDO GALLERY
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
平日 午前11時 − 午後7時(日曜日・祝日 午前11時 − 午後6時)

休館日: 毎週月曜日

+ Share

 

COSMIC WONDER
竜宮衣 原始ノ布展

Aug 04, 2017 | EVENT 

exhibition-ryuguukoromogenshinonuno

写真:ホンマタカシ

 

20周年記念パフォーマンスとして2017年3月にCenter for COSMIC WONDERで発表した「竜宮衣 原始ノ布」。

COSMIC WONDERの制作拠点である 美山のアトリエ「竜宮」の再現を試みるパフォーマンスを行いました。

本展では、「竜宮」空間を構成する、古い原始布、自然布、手漉き和紙による衣服、御簾、茵と工藝道具などを展示いたします。

また、ホンマタカシ氏が記録したパフォーマンスの映像を上映いたします。

 

同日、秋冬コレクション「竜宮衣 原始ノ布から」をお披露目いたします。

衿なしのトレンチコート、ウール麻の古形衣、シェットランドウールの古形衣、有機栽培綿の古形衣、ポチャギの前掛けと巻布、有機栽培綿のたっつけもんぺ。

 

自然から取り出され、時を惜しまぬ人の手仕事で現出したいのちの形、古から受け継がれた奇跡と新しい時代の精神が重なる宇宙の景をご高覧ください。

 

会期:

2017年8月11日(金・祝)− 9月10日(日)

*休館日: 8月14日(月)− 16日(水)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

 

オープニングレセプション:

2017年8月11日(金・祝)午後2時 − 午後5時

COSMIC WONDER 主宰 前田征紀 在廊いたします。京都 菜食光兎舎による竜宮日菓子をご用意いたします。

 

「竜宮衣 原始ノ布」

映像上映: 午後5時30分 − 午後7時(3分32秒)

撮影・編集: ホンマタカシ

+ Share

 

New collection
COSMIC WONDER
竜宮衣 原始ノ布から

Jul 25, 2017 | NEWS 

news-newcollection-genshinonunokara

 

COSMIC WONDER 2017年 秋冬「竜宮衣 原始ノ布から」の新作が入荷いたしました。

 

LOOKBOOK

 

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

*休館日: 8月8日(火)− 10日(木)、8月14日(月)−  16日(水)

 

Center for COSMIC WONDER Online Store

+ Share

 

COSMIC WONDER
竜宮衣 原始ノ布から

Jul 12, 2017 | COSMIC WONDER 

Hand-spun cotton haori

写真:ホンマタカシ

 

LOOKBOOK

 

+ Share

 

静寂の未知炉、新たに光を灯すよう
第3章

Sep 26, 2017 | COSMIC WONDER Free Press 

paper and crystal 2003 永遠であるものと永遠でないもの − たとえば紙と水晶をならべてみた では船長、永遠を知るものはだれなのか? 私はそれを、船にのせてゆこう。*   全てのコレクションが紙でつくられ、その一つ一つには、フラットにカットした水晶がアタッチメントされた。水晶が永遠であり、紙が永遠ではないということではなく、全てはつくられては壊れなくなってゆくという、一刻にとどまることがないことを感じさせることを作品として発表。   N.H: Paper and Crystelというのは紙でできた服のコレクションです。Cosmic Wonderでは最近も、紙衣という和紙をつかった服が発表され、「水会」「お水え」でも着用されたのですが。当時のコレクションPaper and Crystelについてうかがいます。拡張するファッション展のとき、スーザン・チャンチオロが当時のCosmic Wonderの紙でできた服を着て、オープニングに現れました。「生活のなかで本当に着られるんだ」と感慨深かったですよね。 Y.M: 笑 パリコレで発表したときは、リベラシオン新聞の朝刊に片面全部がこの時の紙の服の写真で、紙に紙の服の写真が印刷されていて面白かったです。 N.H: 布とはまったく違うシルエット、ボリュームが出ていますね。 Y.M: 制作してみたら、思いのほ…[Read more]

+ Share