COSMIC WONDER Official Site

特別展
COSMIC WONDERと工藝ぱんくす舎
お水え いわみのかみとみず

Aug 08, 2016 | EVENT 

punks-special-omote

 

会期:
2016年8月24日(水)− 9月19日(月・祝)

開館時間 10:00~18:30(展示室への入場は18:00まで)
休館日 毎週火曜日

場所:
島根県立石見美術館 展示室C 
(島根県芸術文化センター「グラントワ」内)

 



原始のころより重なる宇宙と人とのつながり。
石見とそこに隣接する山陰道に湧き出ずるそれらの印象をすくいあげ
原像に寄り添い古代の伝説を紐解くように海の磐間に反照する。
石見にある小浜海岸、その入江に小さなお水え堂を建て
鎮守の海に「お水」を点てる。
石見の土による水瓶と水碗、隠岐の木と黒曜石で作られた玉ノ箱、
山と海と川から自然を授かり形作られた数々のお水えの道具。
伝承の巧、石州の紙漉師と手がけた和紙でしつらえる紙衣を纏う。
古からの声が響く石見の地を依りしろに、永遠の今を軸に天と地を結ぶ。
原始と古代、かみと人の歩みを見つめる
COSMIC WONDERと工藝ぱんくす舎の宇宙観「お水え」。
*「お水え」ー 湧き水を飲む会

 

COSMIC WONDERと工藝ぱんくす舎



島根県西部に伝わる石州和紙を題材に「地域資源の活用」および「地方とファッション」について考えるワークショップの関連企画。講師として講師として招聘するCOSMIC WONDER主宰で現代美術作家の前田征紀と、工藝デザイナーの石井すみ子による美術ユニット「工藝ぱんくす舎」が、石見や島根の風土や素材から着想して制作した作品や、それを用いて執り行われるパフォーマンス「お水え」の様子を、インスタレーションで紹介します。COSMIC WONDERによる石州和紙を用いた新作衣裳も展示されます。

 

 

写真: 長島有里枝

題字: 石井直人

+ Share

 

COSMIC WONDER
いずくにか古の衣のように

Aug 04, 2016 | COSMIC WONDER 

Light Years

 

LOOKBOOK

 

+ Share

 

COSMIC WONDER
いずくにか古の衣のように

Aug 01, 2016 | EVENT 

cosmicwonder

 

古代諸国の仕事着や大陸の儀式衣装、地学的歴史を印象づける自然布まで、古の光景と素材美を辿りかたちづくられた意匠の収集で構成。
手績み手織りの苧麻布や葛布、緑の楮和紙など希代な手仕事をはじめ、大麻布、有機栽培麻布、自然栽培綿布、有機栽培綿布、純毛布、草木染めを用い、古から長きにわたる用の美を重ね合わせ、新たな意匠を展開します。
瑞々しい旋律の音色を奏で、あたらしい光を照らす、いまここに。



このたびのリリースを記念しまして、Center for COSMIC WONDERでは、レセプションを行います。

古の衣をイメージしました御菓子「すみころものお古子」をご用意しております。

COSMIC WONDER主宰 前田征紀 在廊いたします。

 

同日より、奈良県明日香村の集落で制作されている、田中茂雄さんによる李渓窯の陶芸作品を販売いたします。

 

*当日お越しいただいた方にLOOKBOOKをお持ち帰りいただけます。

*当日15,000円(税抜)以上お買い上げいただいた方にノベルティーをプレゼントいたします。
 (数に限りがございますので先着順となります。)

 

日時:
8月6日(土) 午後12時 − 午後5時

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5−18−10

午前11時 − 午後7時

 

臨時休館日:

8月1日(月)− 5日(金)

8月15日(月)

*8月より、水曜日も休まず開館いたします。

 

+ Share

 

川合優
椅子展

Jul 01, 2016 | EVENT 

event-masarukawai-1

 

縄文時代につくられた腰掛けをみていると、それは今私たちが使う、「つくる」という言葉ではなく、食べる、寝る、などと同深の意識により出来上がったもののように感じます。

現代社会の行き過ぎたものづくりと、いつの間にか欠けてしまった何かを見つめる機会になればと思います。

 

川合 優

 

 

会期:

2016年7月23日(土) − 31日(日)

*7月27日(水)は休館

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時 | 休館日: 水曜日

 

 

ワークショップ「ひのきとい草のスツール」作り

お申し込みの1名または1組ごとに、ひのきとい草のスツールを1脚作りお持ち帰り頂きます。

 

日時:

7月23日(土)、24(日)

午前11時 − 午後6時

 

定員:

一日 4組限定 (定員に達したため募集は締め切らせていただきました。)

*個人でのお申し込み、または 2〜3名を1組としてご参加いただくことができます。

 

参加費:

1組 19,000 円 (別途 一名1,000円の保険料が必要となります。)

 

お名前、メールアドレス、電話番号を明記の上、下記までお申し込みください。

 

press@cosmicwonder.com

+ Share

 

COSMIC WONDER
琉球藍

Jun 18, 2016 | EVENT 

event-ryukyuindigo

 

多くの時と人の手を介し、紫紺に彩られるCOSMIC WONDERの琉球藍。

この夏の琉球藍の衣とCenter for COSMIC WONDER 限定の琉球藍の自然布角袋を 一堂に介し、披露いたします。

深く青々しい初夏の衣をお手にとってお楽しみください。

 

会期:

2016年6月24日(金) − 7月12日(火)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時 | 休館日: 水曜日

 

藍は世界最古の染料といわれ、日本でも古来より用いられてきた。

平安時代の延喜式では、藍にいくらかの黄檗をまぜた緑がかった青色をそう示したが、そののち海のような深い青を藍とよび、江戸時代には当時普及しはじめた木綿に 染め重ねることで生地が丈夫になると生活に浸透し、庶民の衣に欠かせない色となった。

 

沖縄で栽培される琉球藍は、山藍ともよばれるキツネノマゴ科の植物で、藍葉は年に二度刈り取られる。藍葉を、水に浸し泥状に沈殿させつくられるこの伝統的製法は、あざやかな紫紺の発色をもたらし、古くは琉球織物の紅型にも、染め伝えられてきた。緑色の藍の葉から数ヶ月の月日をかけ、多くの手と時間をかけ生み出される藍の青。香り高い藍は、沖縄の風土に親しまれ、県北部を中心に各地で生産がなされていたが、現在、伝統をうけつぐ国選定保存技術者は伊野波盛政氏ただ一人となっている。

 

四季ある地に根を張る植物の躍動に、人の手がよりそう深い営み。

自然と人が環に在り創造する藍色は尊い宇宙の神秘といえる。

+ Share

 

荒井智哉
刳りもの展

May 30, 2016 | EVENT 

event-tomoyaarai-1

 

会期:

2016年6月11日(土) − 6月19日(日)

6月11日(土)・12日(日) 作家在廊いたします。

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時 | 休館日: 水曜日

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

荒井 智哉

1983年大阪生まれ。芸術を志し上京、23歳より木を彫りはじめる。

2007年、高知に移住。四万十の山間に住み制作と暮らしをいとなむ。

 

山々の野生が重なる四万十のいのちの息吹を根源に、その地の中で生きいとなむ荒井智哉。 荒井の刳りものは、古人が山籠りの季節に生業につくる素朴なものに見紛うものもあれば、新たな光彩を放つ造形の奏でを織りなす。それは、脈々と連なるいのちの旋律のように在る。 青青とした田、かえるの鳴き声につつまれる日本の初夏、荒井智也の刳りものをご高覧くださいませ。

+ Share

 

木と人

Jul 01, 2016 | COSMIC WONDER Free Press 
freepress-treesandpeople-1

  かつて日本の山には、杣(そま)と呼ばれる人々がいた。 杣とは、山へ入り木を伐り、またそれを運び出すことを生業とする人々である。   機械化が進んだ現代と違い、人間の体力と知恵、馬の力のみで険しい自然と巨木を相手にする仕事は危険を極めたが、今となってはそれを想像する事さえ難しくなってしまった。   そんな杣の仕事に欠かせない、「ヨキ」という道具がある。 それは一般に言う斧と同じ道具だが、杣の人々はヨキと呼ぶ。 そしてそのヨキには必ず、左面には3本、右面には4本の筋が入っている。 一説には、左側の4本は地水火風の4つの気を表し、それがヨキの語源にもなっているのだという。また反対側の3本の気は、ミキ、つまり御神酒(おみき)を表し、木を伐採するにあたって御神酒の側を木の方へ向け立てかけ、柏手(かしわで)を打ってから仕事にかかるのだという。   しかし、本当にそれだけのことなのだろうかと、何かがひっかかっていた。 そんな時、偶然にも続けざまに2つのことを知った。   長野県に秋山郷という雪深い集落があり、そこの杣人たちは3と4という数字を畏れ、自分の干支に当たる日から数えて3日目と4日目の日には、決して山へ入らないのだという。しかしその当人達も、ずっとそうしてきたから、という以上の事は知らない。   また別のところからは、陰陽道…[Read more]

+ Share