COSMIC WONDER Official Site

荒井智哉
刳りもの展

May 30, 2016 | EVENT 

event-tomoyaarai-1

 

会期:

2016年6月11日(土) − 6月19日(日)

6月11日(土)・12日(日) 作家在廊いたします。

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時 | 休館日: 水曜日

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

荒井 智哉

1983年大阪生まれ。芸術を志し上京、23歳より木を彫りはじめる。

2007年、高知に移住。四万十の山間に住み制作と暮らしをいとなむ。

 

土風、水、山々と多層な四万十のいのちの息吹を根源に その地で丁寧な暮らしの中 いとまなれる荒井智哉の刳りもの。青青とした田がかえるの鳴き声につつまれる日本の初夏、美しい季節を愛でながら、力づよく、しなやかな手仕事の品々をご高覧くださいませ。

+ Share

 

渡辺 隆之
やきもの展

May 08, 2016 | EVENT 

event-takayukiwatanabe-1

土から木が生える

 

川を水が流れる

 

それを集めて形をかえる

 

木は火になって土を焼く

 

土は焼かれて白く光り溶けはじめる

 

冷えて固まったやきものがのこる

 

-

 

渡辺隆之は、南伊豆の海にほど近い里山の村で窯を構え暮らす。 木々に囲まれた静謐な作業場の空間は、古窯のような佇まいを超え、精神的なあらたな周波を響かせている。 溶岩質の土を地層から採掘して成形する渡辺は、 穴窯という装置で木の性質を火に変え土に与える光景が最も美しいと言う。 土は一連の現象により、やきものという記憶になる。

 

会期:

2016年5月21日(土) − 5月29日(日)

5月21日(土)・22日(日) 作家在廊いたします。

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時 | 休館日: 水曜日

 

event-takayukiwatanabe-3

+ Share

 

初夏の衣

Apr 29, 2016 | NEWS 

news-hemphakkakushinka

 

Center for COSMIC WONDR (南青山)、Center for COSMIC WONDER Online Storeにて、初夏の衣が揃いました。

 

青葉の輝く季節、みなさまのお越しをお待ちしております。

 

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 – 午後7時 | 休館日: 水曜日

T. 03 5774 6866

*5月4日(水)は開館いたします。

+ Share

 

Flower of Life
久留米絣

Mar 30, 2016 | EVENT 

news-kurumekasuri

 

Flower of Lifeの連続柄をオーガニックコットン糸により、絣の技法で製作した、COSMIC WONDERの久留米絣コレクションを、4月3日(日)よりリリースいたします。

 

アメリカのシューズメーカー、TOMS社とのコラボレーションにより制作された久留米絣のシューズも同時発売いたします。

 

このたびのリリースに際し、Center for COSMIC WONDERでは、4月3日(日) 午後12時より午後1時までの間、TOMSとCOSMIC WONDERによるローンチパーティーを行います。
高知・四万十にて自給自足の暮らしを営み、TABI食堂を主宰する ささたくやさんによる春のロースイーツとお飲み物をご用意しております。

 

日時:

4月3日(日) 午後12時 − 午後1時

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

 

春光の美しいとき、みなさまのお越しをお待ちしております。

+ Share

 

COSMIC WONDER
「八角心花 貫頭衣から」展

Mar 24, 2016 | EVENT 

event-kuzufudress

 

COSMIC WONDER「八角心花 貫頭衣から」展を各地にて開催いたします。

 

古代の貫頭衣から諸國の仕事着まで、素朴な衣から直感を受けた意匠の収集で構成。
有機綿布をはじめ、自然布、工藝、草木染めなど希代な手法の組み合わせをご高覧ください。

 

[ 開催予定 ]

STARDUST (京都) 3/25 – 28
新宿伊勢丹 メンズ館2F (新宿) 4/6 − 12
EIGHTY-EIGHT (綾川) 4/15 − 24
かぐれ (丸の内) 4/29 − 5/8
ANTENNE DEUX (高崎) 5/3 − 4
POST IN TIME (前橋) 5/5 − 6
PENNY RAIN (桐生) 5/7 − 8
OROBORO STORE (New York) 5/13 − 29
OUTBOUND (吉祥寺) 5/13 − 16
OU (名古屋) 5/19 − 23
URBAN RESEARCH DOORS (南船場) 5/20 − 29
URBAN RESEARCH DOORS (豊洲) 5/20 − 29
エムエム・ブックス みの (美濃) 5/28 − 6/5

+ Share

 

にほんくらし籠

Mar 04, 2016 | EVENT 

event-japanesehandcraftedbaskets

 

日本の風土と古からの用が重なり、くらしの記憶が宿る籠。わたしたちは、その手道具の楚々とした質朴な表情に惹き付けられます。人の手業で作られるそれは、自然と人との関わりから生まれた里山での生業です。その在り方から現れる昭然たる美しさに源流の心象を重ねあわせます。

 

本展に際し、日本列島各地(秋田〜鹿児島)を訪ね、くらしの手道具として籠作りをされる職人の方々に、様々な用途の籠を制作していただきました。現代と古を繋ぐ生動をたずさえた日本の籠、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

開催の初日3月19日(土) 、20日(日)、2015年度 日本民藝館賞を受賞された通草籠職人・中川原信一氏に制作実演いただきます。

 

CATALOGUE

 

会期:

2016年3月19日(土) – 4月3日(日)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 – 午後7時 | 休館日: 水曜日

+ Share

 

ときをいきる籠

Mar 29, 2016 | COSMIC WONDER Free Press 
freepress-biku-top

  日本はかつて大陸と地続きであったが、地殻変動を繰り返し、2万年程前に今の列島が形づくられたと考えられている。紀元前後に新しい文化をもった時代が到来 するまで、縄文の時は1万数千年にわたり続いた。海に囲まれた温順な日本の風土には、南からそして北から点々と繋がる群島伝いに多様な伝来があり、その長い暮らしの間、自らの文化はかたちづくられた。   縄文時代には土器や石器など、生活のなかで様々な様式と道具が用いられたが、その1つに自生する植物を手で編み成型した籠がある。 縄文の史を伝える日本各地の遺跡より、籠が出土。その当時の暮らしを知る手がかりとなった。人の手で編まれる籠は、長い時を経た暮らしの変容の中においても、これまでのいのちの歴史の中で重要な役割をしめてきた希有な道具といえる。   四季折々の日本列島のくらしの中では、自生する植物もことなり、籠の素材は、真竹、孟宗竹、根曲竹、鈴竹などの竹類、通草蔓、沢胡桃、山葡萄、山桜、つづらなど多岐にわたる。形状、編み方も、その地の暮らしを豊かに反映し各々の個性をたずさえるものとなった。稲作の土仕事に用いるもの、木の実や穀物を採取するもの、海において魚や海苔を採ったもの、くらしのいとなみに応じ、折々に編まれてきた。   自然の恩恵と人の手といのちがあたえられ、あたらしい時を生きる籠。素材美の特性をいかした…[Read more]

+ Share