COSMIC WONDER Official Site

コズミックワンダー と工藝ぱんくす舎
かみ展

Aug 12, 2017 | EVENT 

プリント

 

2017年8月29日(火)から10月22日(日)まで、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎による「かみ」展を銀座・資生堂ギャラリーで開催いたします。

 

本展は、我々の生活で最も身近な工芸である「かみ」がテーマです。そのなかでも天然の素材を使い手作業で作られる手すき和紙の可能性を探ります。紙の魅力を引き出すものとして、コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎は、すべての生命の源であり和紙作りにかかせない「水」にフォーカスし、「水会(みずかい)」や「お水え」を創案しました。それらは、お茶会に着想を得た湧水をふるまうセレモニーで、自然への畏敬の念から立ち現れたパフォーマンスです。展覧会タイトルの「かみ」には、原始的な響き、太古の神への思いも重ねられています。展覧会では、「水会」や「お水え」のしつらえや道具、そこからイメージを膨らませて作られた工芸作品が並びます。コズミックワンダーが制作した席主と半東の衣装である紙(かみ)衣(ころも)、石井直人による土器、川合優による木道具、西田誠吉、佐々木誠の紙漉きによる和紙など。道具やその他の演出は、日本の文化の源泉である縄文から着想しています。その概念と意匠は、工藝ぱんくす舎の前田征紀と石井すみ子により意向性が示され、作品化されます。

 

本展は、昨年に島根県立石見美術館で開催された「お水え いわみのかみとみず」展を再構成し、新作「舟水会(ふなみずかい)」が加わります。

 

新作では、お香や薬に使用されていた独特の香りが立つ海浜植物・ハマゴウにより紙の新たな可能性を探ります。ハマゴウは縄文以前より日本にあるとされ、種を海にプカリプカリと浮かせて浜に広がりました。太古の人たちが舟を作り日本の処々へ渡る姿と、海に浮かび日本の浜に広がっていったハマゴウ、それらの重なる光景を表現します。作品は、唐津の紙漉師、前田崇治の協力により制作されます。

 

自然の素材により、昔ながらの手仕事で作られた作品は、我々の五感を冴えわたらせ、いにしえを感じさせ、「みえないものをみる」という日本人特有の感性や深い知恵を呼び覚ますこととなりましたら幸いです。
 

コズミックワンダー と工藝ぱんくす舎
「かみ展」
2017年 8月29日(火)− 10月22日(日)
会場: SHISEIDO GALLERY(入場無料)

主催: 資生堂

関連企画
初日29日(火)にサウンド・アーティスト、鈴木昭男氏の演奏会を行います。  
展覧会期間中、工藝ぱんくす舎 前田征紀と石井すみ子のトークイベントを開催します。 
詳細は資生堂ギャラリーウエブサイトにてご案内いたします。
 
SHISEIDO GALLERY
東京都中央区銀座8-8-3 東京銀座資生堂ビル地下1階
平日 午前11時 − 午後7時(日曜日・祝日 午前11時 − 午後6時)

休館日: 毎週月曜日

+ Share

 

COSMIC WONDER
竜宮衣 原始ノ布展

Aug 04, 2017 | EVENT 

exhibition-ryuguukoromogenshinonuno

写真:ホンマタカシ

 

20周年記念パフォーマンスとして2017年3月にCenter for COSMIC WONDERで発表した「竜宮衣 原始ノ布」。

COSMIC WONDERの制作拠点である 美山のアトリエ「竜宮」の再現を試みるパフォーマンスを行いました。

本展では、「竜宮」空間を構成する、古い原始布、自然布、手漉き和紙による衣服、御簾、茵と工藝道具などを展示いたします。

また、ホンマタカシ氏が記録したパフォーマンスの映像を上映いたします。

 

同日、秋冬コレクション「竜宮衣 原始ノ布から」をお披露目いたします。

衿なしのトレンチコート、ウール麻の古形衣、シェットランドウールの古形衣、有機栽培綿の古形衣、ポチャギの前掛けと巻布、有機栽培綿のたっつけもんぺ。

 

自然から取り出され、時を惜しまぬ人の手仕事で現出したいのちの形、古から受け継がれた奇跡と新しい時代の精神が重なる宇宙の景をご高覧ください。

 

会期:

2017年8月11日(金・祝)− 9月10日(日)

*休館日: 8月14日(月)− 16日(水)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

 

オープニングレセプション:

2017年8月11日(金・祝)午後2時 − 午後5時

COSMIC WONDER 主宰 前田征紀 在廊いたします。京都 菜食光兎舎による竜宮日菓子をご用意いたします。

 

「竜宮衣 原始ノ布」

映像上映: 午後5時30分 − 午後7時(3分32秒)

撮影・編集: ホンマタカシ

+ Share

 

New collection
COSMIC WONDER
竜宮衣 原始ノ布から

Jul 25, 2017 | NEWS 

news-newcollection-genshinonunokara

 

COSMIC WONDER 2017年 秋冬「竜宮衣 原始ノ布から」の新作が入荷いたしました。

 

LOOKBOOK

 

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

*休館日: 8月8日(火)− 10日(木)、8月14日(月)−  16日(水)

 

Center for COSMIC WONDER Online Store

+ Share

 

COSMIC WONDER
竜宮衣 原始ノ布から

Jul 12, 2017 | COSMIC WONDER 

Hand-spun cotton haori

写真:ホンマタカシ

 

LOOKBOOK

 

+ Share

 

COSMIC WONDER
竜宮衣 原始ノ布

Jul 12, 2017 | COSMIC WONDER 

Ryugu Koromo Genshi-no-Nuno

写真:ホンマタカシ

 

海の地平線を超えた美しい宮

浦島子は海に小舟をだし

龍の天界宮へといざなわれた

おとひめとちぎりをかわし

かみになるための瞑想にいそしんだ

わたしに帰する衣

 

 

「竜宮衣 原始ノ布」は、COSMIC WONDER 20周年記念パフォーマンスとして、2017年3月19日にCenter for COSMIC WONDERで発表した。

COSMIC WONDERの制作拠点である 美山のアトリエ「竜宮」の再現を試みるパフォーマンスを行い、

「竜宮」空間を構成する、古い原始布、自然布、手漉き和紙による衣服、御簾、茵と工藝道具などを発表。

それらは自然から織り成され、時を惜しまぬ人の手仕事で現出したいのちの形として存在する。

古から受け継がれた奇跡と新しい時代の精神が重なる宇宙の景を表現した。

 

Ryugu Koromo Genshi-no-Nuno

 

Next Page >

 

+ Share

 

市川孝
茶車展

May 26, 2017 | EVENT 

event-ichikawatakashi-2

 

Center for COSMIC WONDERでは市川孝「茶車」展を開催いたします。

 

市川氏は昨年、京丹波わちの山野草の森での「森の展示室」をきっかけに、野や森へ持ち出すための茶道具一式「茶車1号」を完成させました。
それから、様々な機会に合わせ茶車を作り、今年には「茶車5号」が完成。
その経緯には、トランクの様な形状の「茶rry」や背負えるタイプのカウンター「茶ウンター」も登場しました。
それらを京都、仙台、台北、北京、雲南、西安、内モンゴルなど各地に登場させ、独自の茶会を仲間と開催しています。

今回の展覧会では、茶車と茶器を中心に、「茶rry」や「茶ウンター」などを一同に展示、販売いたします。

 

古の野の茶の光景と現代の精神の響きこころ澄ます茶車、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

会期:
2017年6月10日(土)− 6月18日(日)

*休館日: 6月9日(金)

 

オープニングレセプション:

6月10日(土)11時、14時、16時

市川孝氏が在廊し、制作された茶車で中国茶・台湾茶をふるまいます。

あわせて、展覧会のために拵えた京都 菜食光兎舎による日菓子をご用意いたします。

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

 



茶車と茶器

私は2007年に茶人の李曙韻さんに出会い台湾茶を知りました。その香り高い台湾茶に驚き、李先生のお茶の美しさと自由さに新しいお茶の世界を知りました。

その後、李先生が活動の拠点を北京に移されたこともあり、中国茶に出会うことになります。大陸のお茶はそれは豊かで変化に富んでいました。

お茶が食べ物であり、薬であり、禅との繋がりや世界への拡がりなど、茶文化の歴史からその奥深さを知り、ますますお茶の魅力にはまっていきました。

茶器作りは難しいです。 しかし、道具作りを通してのお茶との関わりは面白く、お茶淹れから道具を考えることにやり甲斐を感じています。また美味しいお茶に出会うとお茶の産地にも行ってみたくなり、人を魅了するお茶の原産地である西双版納(シーサンパンナ)で、お茶の古樹にも出会いたいと思うようになりました。その後ご縁が有り樹齢1000年程の古茶樹に出会う機会を得ました。

古樹の茶葉はそれは大きく、お茶の樹は見上げる程の高さで、 知っているお茶の木とは明らかに違い、山の野生の古樹の様子から伸びている根っこや浴びている陽射しを想像したくなりました。

 お茶の歴史の中で茶道が生まれていきますが、古樹(お茶の源)を直接この目で見たことで新たな気持ちで「茶」を感じる様になりました。またお茶を取り巻くこと【月(季節)、火(陽)、水(体)、木(葉、根)、金(日)、土(陶磁器)】との関係も魅力的でとても気になっています。

 こうした数々の茶縁とも言うべき繋がりから多くの方にお茶の魅力を道具から伝えていきたいと思うようになる中、中国の杭州茶葉博物館で「宋代斗茶図」や文人たちの野外でいただくお茶の絵の数々に興味を抱きました。

それらの絵から茶道の茶箱とは違う「なにやら面白いものを持ち出しているな」と思いこれもお茶の愉しみ方のひとつだと強く感じ、茶器だけではなく茶車を作ることになりました。

 

市川孝

 

1967年 滋賀県生まれ

    大学で、彫刻を学ぶ

1993年 古谷製陶所(滋賀県信楽町)勤務

1997年 森岡成好氏(和歌山県在住)に師事

1999年 倒炎式薪窯と灯油窯を築窯

2000年 全国各地で個展を中心に活動

    その後   半地下式薪窯、炭薪窯を築窯

2008年 人澹如菊茶書院(台湾)

    その後   台北茶家十職(台湾)、北京茶家十職(中国)で個展

茶菓花器事(chakakigoto)、茶遊記(chaiyuuki)などの活動を仲間としている。

 

event-ichikawatakashi-1

写真:市川孝

+ Share

 

静寂の未知炉、新たに光を灯すよう
第2章

Jul 12, 2017 | COSMIC WONDER Free Press 
freepress-nakakohayashi-4

to sleep 2002 寝るための儀式をするための道具とドレス ハンガー、タンスの引き出し、ネックレス、ドレス、Tシャツやジャケットが一体化した作品。 くっつけてはならないものをたやすくくっつけて一つにする。 それによって新たな価値観をつくりだす。*     A shadow Necessary for Windows 2002 これは私の中にある風景の一つです。もしくは私たち全員が心のどこかにあるありふれた風景かもしれません。 私たちは眠っている時とおきている時があるように思われます。 そしてそのどっちでもない時があるようです。 それを毎日毎日繰り返しているのです。 最後はどこでとまりますか? それとも終わりはないのですか? カーテンとそれにたたずむためのドレス*     What invisible view should be ~ from some pictures 2003 写真で写っている部分を再現し、写真では見えない部分を取り除く。 写真から切り取られたようなパフォーマンスは、その空間で宙に浮き、写真本来における記録とは異なった、新たな存在と意味が生まれる。*   N.H: アート的なインスタレーションが続いた時期の作品です。 to sleepは、引き出しとドレス、ネックレスとハンガーというようにさまざまな服が室内…[Read more]

+ Share