COSMIC WONDER Official Site

市川孝
茶車展

May 26, 2017 | EVENT 

event-ichikawatakashi-2

 

Center for COSMIC WONDERでは市川孝「茶車」展を開催いたします。

 

市川氏は昨年、京丹波わちの山野草の森での「森の展示室」をきっかけに、野や森へ持ち出すための茶道具一式「茶車1号」を完成させました。
それから、様々な機会に合わせ茶車を作り、今年には「茶車5号」が完成。
その経緯には、トランクの様な形状の「茶rry」や背負えるタイプのカウンター「茶ウンター」も登場しました。
それらを京都、仙台、台北、北京、雲南、西安、内モンゴルなど各地に登場させ、独自の茶会を仲間と開催しています。

今回の展覧会では、茶車と茶器を中心に、「茶rry」や「茶ウンター」などを一同に展示、販売いたします。

 

古の野の茶の光景と現代の精神の響きこころ澄ます茶車、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

会期:
2017年6月10日(土)− 6月18日(日)

*休館日: 6月9日(金)

 

オープニングレセプション:

6月10日(土)11時、14時、16時

市川孝氏が在廊し、制作された茶車で中国茶・台湾茶をふるまいます。

あわせて、展覧会のために拵えた京都 菜食光兎舎による日菓子をご用意いたします。

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

 



茶車と茶器

私は2007年に茶人の李曙韻さんに出会い台湾茶を知りました。その香り高い台湾茶に驚き、李先生のお茶の美しさと自由さに新しいお茶の世界を知りました。

その後、李先生が活動の拠点を北京に移されたこともあり、中国茶に出会うことになります。大陸のお茶はそれは豊かで変化に富んでいました。

お茶が食べ物であり、薬であり、禅との繋がりや世界への拡がりなど、茶文化の歴史からその奥深さを知り、ますますお茶の魅力にはまっていきました。

茶器作りは難しいです。 しかし、道具作りを通してのお茶との関わりは面白く、お茶淹れから道具を考えることにやり甲斐を感じています。また美味しいお茶に出会うとお茶の産地にも行ってみたくなり、人を魅了するお茶の原産地である西双版納(シーサンパンナ)で、お茶の古樹にも出会いたいと思うようになりました。その後ご縁が有り樹齢1000年程の古茶樹に出会う機会を得ました。

古樹の茶葉はそれは大きく、お茶の樹は見上げる程の高さで、 知っているお茶の木とは明らかに違い、山の野生の古樹の様子から伸びている根っこや浴びている陽射しを想像したくなりました。

 お茶の歴史の中で茶道が生まれていきますが、古樹(お茶の源)を直接この目で見たことで新たな気持ちで「茶」を感じる様になりました。またお茶を取り巻くこと【月(季節)、火(陽)、水(体)、木(葉、根)、金(日)、土(陶磁器)】との関係も魅力的でとても気になっています。

 こうした数々の茶縁とも言うべき繋がりから多くの方にお茶の魅力を道具から伝えていきたいと思うようになる中、中国の杭州茶葉博物館で「宋代斗茶図」や文人たちの野外でいただくお茶の絵の数々に興味を抱きました。

それらの絵から茶道の茶箱とは違う「なにやら面白いものを持ち出しているな」と思いこれもお茶の愉しみ方のひとつだと強く感じ、茶器だけではなく茶車を作ることになりました。

 

市川孝

 

1967年 滋賀県生まれ

    大学で、彫刻を学ぶ

1993年 古谷製陶所(滋賀県信楽町)勤務

1997年 森岡成好氏(和歌山県在住)に師事

1999年 倒炎式薪窯と灯油窯を築窯

2000年 全国各地で個展を中心に活動

    その後   半地下式薪窯、炭薪窯を築窯

2008年 人澹如菊茶書院(台湾)

    その後   台北茶家十職(台湾)、北京茶家十職(中国)で個展

茶菓花器事(chakakigoto)、茶遊記(chaiyuuki)などの活動を仲間としている。

 

Photography by Takashi Ichikawa

 

event-ichikawatakashi-1

 

+ Share

 

コズミック ワンダーと工藝ぱんくす舎
「お水え」上映会

May 22, 2017 | EVENT 

news-omizue-filmscreening-2

 

この度、島根県立石見美術館から上梓いたしましたコズミック ワンダーと工藝ぱんくす舎「お水え いわみのかみとみず」展の特別図録の刊行を記念いたしまして、島根県益田市の小浜海岸で催されました「お水え」パフォーマンスの光景と作品制作の過程を記録しました映像作品を上映いたします。

 

古と今を繋ぐ永遠にうつくしい瞬の空間をこの機会に是非ご高覧ください。

 

 

「お水えのあゆみ」: 8mm フィルム映像(17分)

撮影: 前田征紀

編集: 加藤文崇

 

「お水え 」: 8mm フィルム映像(14分)

撮影 / 編集: 加藤文崇

 

会期 :

5月22日(月) − 6月8日(木)

17時半から19時まで

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

+ Share

 

コズミックワンダーと工藝ぱんくす舎
特別図録「お水え いわみのかみとみず」刊行

May 18, 2017 | NEWS 

news-omizue

 

2016年8月、島根県立石見美術館で開催され好評を博した展覧会、コズミック ワンダーと工藝ぱんくす舎「お水え いわみのかみとみず」展の特別図録を上梓いたします。

数々のお水えの道具の紹介と共に、写真家 長島有里枝の撮影によるパフォーマンスの光景、工藝ぱんくす舎、石井直人、椋木賢治(島根県立美術館)、廣田理紗(島根県立石見美術館)によるテキストで構成。

作品「お水え いわみのかみとみず」の全ての内容が収録されています。
装丁は、表紙に石見神楽に使われる石州和紙 蛇胴紙に活版印刷、白黒頁は孔版印刷、紙衣作品の和紙の張り込み

など。

 

リリース: 2017年5月18日

 

ブックコンセプト: 工藝ぱんくす舎

 

版型: 21cm x 26.5cm
頁: 53ページ
販売部数: 300部

 

発行: 島根県立石見美術館

 

販売: 島根県立石見美術館、Center for COSMIC WONDER、gallery白田

 

Online Storeでのご購入

+ Share

 

安石榴竜宮衣展

May 01, 2017 | EVENT 

event-zakuroryugukoromo

安石榴染の苧麻角袋」

 

 

風光の候、木の間の美しいとき

古の日光、美しいひかりの交わりを思て

目の覚める日の初夏衣をこしらえた

眩しさに現れる天のいろを思い

喜び伝えるひかり写りをこころ纏うておくれ

 

 

Center for COSMIC WONDERでは、ざくろで草木染めした、 黄色い衣の安石榴竜宮衣を展示・販売いたします。

 

会期:

2017年5月13日(土)− 5月21日(日)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

 

皆様のお越しを心よりおまちしております。

+ Share

 

第2回 にほんくらし籠展

Mar 28, 2017 | EVENT 

event-japanesehandcraftedbaskets2017

 

日本の風土と古からの用が重なり、くらしの記憶が宿る籠。

 

わたしたちは、その手道具の楚々とした質朴な表情に惹き付けられます。人の手業で作られるそれは、自然と人との関わりから生まれた里山での生業です。その在り方から現れる昭然たる美しさに源流の心象を重ねあわせます。

 

本展に際し、日本列島各地(秋田〜沖縄)を訪ね、くらしの手道具として籠作りをされる職人の方々に、様々な用途の籠を制作していただきました。現代と古を繋ぐ生動をたずさえた日本の籠、ご高覧賜りますようお願い申し上げます。

 

開催の初日4月15日(土)、16日(日)、2015年度 日本民藝館賞を受賞されたあけび蔓籠職人・中川原信一氏に制作実演いただきます。

 

会期:
2017年4月15日(土)− 4月30日(日)

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

午前11時 − 午後7時

*休館日: 4月14日(金)

 

あけび蔓の籠(秋田県)

山葡萄の手提げ籠、沢胡桃の手提げ籠(秋田県)

すず竹の市場籠(岩手県)

篠竹や山桜樹皮等のげし笊(宮城県)

欅の手提げ籠、山胡桃の手提げ籠(新潟県)

真竹のふご(千葉県)

女竹の花籠(千葉県)

根曲竹の林檎籠(長野県)

淡竹の買い物籠(長崎県)

わらびの手付き籠(沖縄県)

月桃の籠(沖縄県)

+ Share

 

COSMIC WONDER
20周年記念 パフォーマンス
竜宮衣 原始ノ布

Feb 28, 2017 | EVENT 

event-20thanniversaryperformance

「オクソザックリの羽織」

 

2017年、COSMIC WONDERは活動20周年を迎えます。 これを記念し、Center for COSMIC WONDERにて、パフォーマンス「竜宮衣 原始ノ布」を発表いたします。

 

日時:

2017年3月19日(日)午後4時より日暮れまで

 

会場:

Center for COSMIC WONDER

東京都港区南青山5-18-10

*休館日: 3月13日(月)− 19日(日)

 

参加方法:

定員に達しましたため、受付は終了させていただきました。

 

定員:

30名(入場無料)

 

皆様にお会いできますことをこころより楽しみにしております。

+ Share

 

いっせーの、せ!

Jun 08, 2017 | COSMIC WONDER Free Press 

地球へ遊びに行く仲間たちが、とっておきを小脇に抱えて、約束の場所に集まる。 ぼくたちの間では、『星くずの集い』と呼んでいる。 地球に生まれる前、ぼくたちは必ず、この約束の場所で、とっておきのシナリオを見せ合う。 シナリオは、それぞれの星が、自分の意志でつくりあげる大切なもの。 分厚い辞書のような超大作。羊皮紙一枚だけのシンプルなもの。散文詩でつくられた不思議なもの。   彩り豊かな星くずたちのシナリオ、タイミングを合わせて、一斉に見せ合う。 すると、一瞬にしてすべてのシナリオがつながり、関わり合い、無邪気な約束を交わす。   「わたしは男で生まれるよ」「じゃあ、わたしは女」 「2017年に会おう」「場所は星と龍にまつわるところでね」   ぼくたちが、地球において、今、いる場所。 あたりを見渡せば、すべてがつながり、関わり合っていることが、わかるはず。 もちろん、わからなくても大丈夫。それは、忘れているだけだから。   ぼくたちの日々の暮らし。 それぞれのアンテナで、ひとつひとつを感じていく。 ぼくたちが大切なものを思い出せるよう、 毎日のそこらかしこに、たくさんの贈り物が用意されている。   ぼくたちが、ぼくたち自身の大切なものを思い出せたなら、 またもうひとつ思い出すことができる。   いっしょに、この世界を生きている、無邪気な約束を交わした星くずたちと タイミングを合わせて、つ…[Read more]

+ Share