COSMIC WONDER Free Press

あたらしい服のはなし
− COSMIC WONDERの服着用に関するルポルタージュ

Nov 12, 2016 | COSMIC WONDER Free Press 


岐阜のあおあおとした山が見える部屋で、
川からの風を頬に静かに感じながら
たとえば、COSMIC WONDERの
オーガニックコットンサークルTシャツにふれてみる。
 
まあるいかたち。
うつくしい軽さ。
やわらかい光をたたえた素材。
 
袖を通すたび、太古と未来が
わたしのからだを交差して重なり合い、
「あたらしいきもち」が
わたしのこころを潤していく。
 
COSMIC WONDERの服、それは
わたしたちがもともともっていた、
だが、すっかり忘れきっていた
自分をまるごと信頼し、愛するという感覚、
さらには、未来に体感するであろう感覚の予兆を
服の全体に内包している。
 
見た瞬間にこころは自由になる。
着た瞬間にからだが喜ぶ。
時は「今ここ」だけになり、
あたらしい自分が表出する。
 
(あたらしい自分とは、
まったく知らないわたしなどではない。
わたしの中に眠っていた、
ずっと太古からねむっていたほんとうのわたし。
神性が輝き続けつづけているほうのわたし)
 
あたらしいわたしの、あまりの新鮮さに
おなかの底からよろこびが湧きい出る。
 
 

あたらしいわたしの体験は、
太古の暦を使うことに似て、
宇宙本来のリズムを刻みはじめる。
 
不連続な、不可視な、非合理的な、非二元的な世界。
 
見えないけれど見ることができる
現代のわたしたちが忘れかけていた夢。
 
知ったらたちまち
全身が、内側も外側も、
うつくしい水で満たされるように
わかる。
 
(元来、知っていたことだから−−−)
 
 

COSMIC WONDERの服が、
山深い村でつくられ
ちいさな山の町に並ぶころ
世界はいよいよ、
次の意識へと上昇する。
 
コズミックワンダーの服は
あたらしい意識に寄り添い
あたらしい世界をつくっていく。
 
今日も、今も、この瞬間も。
 
障子をとおした光のやさしさが
人間のからだとこころ
たましいにとって完璧な作用をもたらすように。
 
わたしたちは、今、無に戻る。
 
水から放たれる 静謐な光の粒子とともに

2015年8月8日
服部みれい

+ Share